会社設立の手順を知ろう

基本的な情報を決めて、会社登記と各種届出を済ませるだけで会社は設立することができます。介護事業や建設業など許認可が必要な事業もあるため、開業時には注意しましょう。

東京で会社設立する前に知るべきこと

株式会社と合同会社のどちらがいいですか

合同会社の方が社員主導で会社のことを決められるイメージなので、自分の会社の運営方針に従って選びましょう。

どんな商号が付けられますか

一定の記号も認められ幅がだいぶ広がりました。商標法や不正競争防止法に規定される、他者の権利侵害の恐れがないかは確認しておきましょう。

本店所在地はどこにしたらいいですか

会社の住所となるので、事務所の住所が一般的です。ビル名や階を入れるかも決められますが、東京などでテナントに入る場合は両方入れておきましょう。

設立費用はいくらになりますか

資本金は1円でも設立可能ですが、登録手数料などで最低20万円はかかります。資本金1円の会社では信頼を損なうことになりかねないので注意しましょう。

必要書類はいつ作ればいいですか

書類自体はいつ作っても構いませんが、設立時の提出書類の中に定款があります。決めるのに時間がかかるといつまで経っても申請できないので早めに作っておくのが得策です。

様々な会社が設立されている

スーツの男女

会社設立に関して、商業登録が必要になります。東京で会社設立といっても、形態、規模、業種など、内容は多種多様です。主な設立形態をざっくり上げるならば、株式会社や有限会社のみならず、合名会社や合資会社があります。東京で圧倒的に多いのは、そのうちの株式会社と有限会社です。業種もビルの一角にオフィスを構えたホワイトカラーの仕事もありますが、家庭経営の店まで様々にあります。とにかく、東京には会社設立に関する登記のニーズが日々発生しているのが特徴になります。起業家の時代は、資本金1円会社設立の制度も話題でしたが、今も誰もが気軽に設立できる時代に発展しているのも事実です。そのためには商法改正などを知り、手続きをしなければなりません。

手続きを任せる

手を上げる女性

実際に、会社設立実務をするにしてもそう簡単ではないので、東京では司法書士に相談・依頼が舞い込むといいます。登記に必要な事項を説明してもらい、素案を作るところから始まります。そこから、商号や本店、業務目的や役員など、その時点で分かることを聞き取ってくれます。この段階でやりたいと思ったことができない場合、アドバイスを受けることができます。一例がその形態で、株式会社と有限会社では必要な設立資金と設立に必要な役員の数が異なります。最初の案の予定を実現できるアドバイザーにもなれるのが司法書士なのです。

アドバイザーというサービス

仕事

東京で会社設立を考えるにしても、東京都内でいえば、かなりの商号がすでに登記されています。業務の目的も登記しなければなりませんが、これにも制限があって登記できない業務内容のものもあります。そこで司法書士が行なうサービスが、どうやって実現していくか、1つ1つ解決してあげるアドバイザー的役割です。目的の適格性や類似商号の有無も調査してくれます。会社設立までには、公証人役場での定款認証、資本金の払込、取締役・監査役による設立事項の確認など、ややこしさがあり、これらを引き受けるのが司法書士なのです。

広告募集中